FC2ブログ
弓、フロッグの修理
2019/01/15(Tue)
DSC_0061_convert_20181214155404.jpg
オールド弓のフロッグです。わかりづらいですが、フェルール(銀の半月形の部品)のはまる部分が薄くなってしまい、フェルールをはめてもグラグラで、なんとか毛替えをされていたようです。一度毛替えをさせていただきましたが、このまま何度も毛替えをしていくと、折れてしまう心配もあるので黒檀をつぎ足し修理をさせていただきました。


 これで安心してお使いいただけます。
この記事のURL | メンテナンス弓(修理・修復) | ▲ top
銀線巻き替え
2017/04/05(Wed)
 


ここまでほどけてしまうと交換をお勧めします。

少しの緩みでしたら、一部分だけ止めることも可能ですので、できるだけ早めにご相談ください。

RIMG0362_convert_20170318111121.jpg


この記事のURL | メンテナンス弓(修理・修復) | ▲ top
ケース 弓のプロペラ
2017/02/22(Wed)

RIMG0356_convert_20170222144155.jpg

ヴァイオリン・ビオラケースの弓を固定するプロペラの部分です。
普通に使用していても外れてしまうことがあります。
ほとんどの場合、簡単に取り付けることができることが出来ますので、
外れてしまっても部品は捨てずに保管してお持ちください。
この記事のURL | メンテナンス弓(修理・修復) | ▲ top
フロッグ、スライド貝替え
2014/07/03(Thu)
id_56614623_convert_20140703144448.jpg
スライドの貝です。指でさわるところなので、汗で少しずつ溶けていきます。
貝がなくなっても黒檀のスライドがある場合がほとんどですので、すぐに影響が出るわけではありません。
しかし、その黒檀も汗を吸いすぎるともろくなっていきますので、毛替えの時に交換をお勧めします。

id_56614607_convert_20140703144415.jpg
この記事のURL | メンテナンス弓(修理・修復) | ▲ top
毛替え(虫くい)
2011/09/27(Tue)


 久しぶりにケースを開けたら毛がばらばら。

毛を張ろうとすると、ぶちぶち切れてしまうという状態。どうも虫が原因のようです。 
 
 結構よく持ち込まれますが、古いケースの場合がほとんどです。

こんな状態ですので「弓が壊れた」「買い替えなければ」

と思われる方もいらっしゃいますが、毛が原因で弓を買い替えるということはありません。

 写真の弓も毛替えだけで今まで通り使えるようになりました。

 RIMG0126_convert_20110917161102.jpg

 トラブルの際はご自分で判断せず一度ご相談ください。
この記事のURL | メンテナンス弓(修理・修復) | ▲ top
| メイン | 次ページ